いつもエースホームのホームページををご覧いただきありがとうございます。

2010年9月に開始して以来、加盟店向けに限定公開をしていた『本部スタッフブログ』から内容を一部抜粋して、お客さまにも公開することにいたしました。

スタッフの紹介は、Facebookの中でも行っておりますので、あわせてお楽しみください♪

そのほか各加盟店が行ったイベントの様子などもご紹介したエースホームのFacebookはこちら

夏季休暇

こんにちは。設計企画部の小賀です。


今年の夏季休暇も実家に帰省して過ごしました。



恒例の畑仕事で錦糸瓜収穫


実家の両親がは色々な野菜・果物を栽培していますが今年初めて見たのは ぶどう です。


種なしの巨峰をつくったそうですが、ぶどうは最初から種なしの品種があるのではなく、栽培途中で種なし化作業が必要なのだそうです。



どうやって種を無くすのか聞いたところ、
開花前と後に2回ぶどうの房を溶液の入ったカップにひとつずつ漬けるのだそうです。



※あとで調べたところこの種を無くす作業を ジベレリン処理 というそうです。
開花の前の1回目は種を無くす効果があり、開花の後の2回目は実を大きくする効果があるのだそうです。


うちの実家ではせいぜい数十房の作業ですがぶどう農家さんは一体どれだけ大変な作業になるのでしょうか...

帰省から帰り、スーパーに並ぶ種なしぶどうを見ると 安すぎだ と思うようになりました。

檸檬

今年も各地で早くから猛暑日となり、台風が来ています。
甲子園の開会式も1日延びました。
豪雨に見舞われた地域の方々にお見舞いを申し上げます。

さて、れもんについてですが、読めるけど書けない漢字
の上位にくるのがこの「檸檬(れもん)」という漢字。
真っ先に思い浮かぶのは、酸っぱいというイメージでしょうか。
この暑い夏には、冷えたレモネードやレモンはちみつ、かき氷
にレモンのシロップ、レモンスカッシュやレモンサワー、・・・
と気分を爽やかにしてくれます。

国産レモンの収穫期は、10月から3月であり、夏場の消費が
多い様に思うのですが、旬は冬場なのです。

次に「れもん」で思い浮かぶのが、梶井基次郎の代表的な
短編小説の『檸檬』です。
私は、梶井さんが通っていたという丸善書店(京都の)ではなく、
新宿の紀伊国屋書店に通っていて中学生の時にこの本を
購入した記憶があります。
この時に買った本は、ついこの前まで家にあったのですが、
先日、本棚を整理した際にだいぶ紙質も傷んでいたので
処分してしまいましたが、確かタイトルの2文字を見て興味を
引かれ、どんな小説なのか?という疑問から購入し、購入した
のはよいがなかなか読まず、高校生になって少し読み、
20歳手前くらいでようやく読み終えたように記憶をしています。
内容が理解し難かったのだろうと思います。
しかし、ドラマなどにもなってかなり流行った様でした。
 
あと、私がレモンから思い浮かぶのが、こどもが中学生の時
に夏の自由研究で柑橘系の果物の皮に含まれる「リモネン」
という成分を利用した実験です。
油脂を溶かす性質から洗剤などや発泡スチロールの成型に
使われたりしています。
レモンの皮の他にオレンジやグレープフルーツの皮を絞った
液で、風船を割ったり、発泡スチロールを溶かして写真をとり、
化学式などを乗せてレポートにまとめたことを思い出しました。

今回、なんで檸檬(れもん)に触れたかといいますと、
実は通勤途中に檸檬の木があって(他人の家(庭)なのですが)、
この7月まで実を落とさずに木に残っていたからです。
5月頃に発見し(見かけ)て、その時は、5つくらいの実が生って
いましたが、6月には2つに減って最後は1つとなり、毎朝
「落ちるな、ガンバレ檸檬!」と応援する日々が続きましたが、
さすがに7月の中を過ぎると、無くなってしまいました。
果実が人為的に摘まれたのか、自然に落下したのかは定かで
ありませんが、良くこの時季まで頑張った(えらかったなあ!)
という感想を持った次第です。

最後の1つとなった檸檬(今はないけれど)の写真を掲載します。

IMG_053503.jpeg


今年(平成29年)の夏も体調に注意して、気持ちを爽やかに
乗り切って行けたらと思います。
経営企画本部 S

夏を快適に過ごす住まいのコツ

こんにちは。設計企画部 岡田です。

関東地方は梅雨も明け、暑い夏に突入しました!!
冷房に頼らないと身の危険を感じるほどの猛暑が既に続いていますね。。



エースホームでは、断熱性能が高く、快適で光熱費もお得な
”ZEH(ゼッチ)の住まいを強く推奨しています。

※ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス):
 年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅 
 住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現します


『断熱性能』と聞くと冬が暖かい住まいを想像される方が多いと思いますが、
しっかりと真夏にも高い効果を発揮します。



今回は全国各店で開催中のZEH教室の中から、
夏を快適に過ごすための住まいのコツを3つのテーマに絞って書き綴ってみます。




【1】夏はなにより太陽光を遮ることが重要!!


 真夏に太陽の直射を浴びている中で日陰に避難した時の暑さの比較は
 説明するまでもありません。
 
 当然ながら、住まいにも真夏の太陽光の侵入を遮ることがとても重要です。
 
%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84.png

 
 ひとつの窓から入り込む真夏の太陽光は何と、コタツ2台分にも匹敵します!!


 ただでさえ熱い日中に外からコタツを何台も並べて温められているのですから、

 『窓付近は暑い』、『冷房の風は強くて寒い』
 
 暑かったり、寒かったり、身体にも良くないですよね。


 また、窓の内側にブラインドを設けるよりも、
 外側で日よけをする方が圧倒的に効果的
です。
 


 従って、夏の太陽対策は
 
【窓の外に日よけを付ける】
%E3%81%BE%E3%81%9A%E3%81%AF%E9%81%AE%E8%94%BD.png

 

 これから新築を計画される方は
【建物の形状で日よけ効果を出す】
%E6%97%A5%E5%B0%84%E9%81%AE%E8%94%BD.png
 

 などが、とても効果的です!! 



【2】高断熱は冷房の効き目も高い!!

 壁・床・天井や窓を高い断熱性能にすることで建物内外の熱が移動しにくくなります。

 言い換えると、室温変化が緩やかになりますので暖房や冷房の効き目がよくなり
 強運転の時間も短くなり、エアコンの強い風を感じることも少なくて済みます。


 また、大きなLDKや吹き抜けを設けた住まいほど快適性の差が出やすくなり、
 空気の性質を利用した緩やかな風の流れを作ることができます。
%E6%B8%A9%E9%A2%A8%E3%81%A8%E5%86%B7%E9%A2%A8.png

 風を直接体に当てるのではなく、うまく循環させるために
 シーリングファンやサーキュレーター、空気循環のために扇風機の併用も有効です。 



【3】エアコンカタログの畳数に惑わされるな!!

 エアコンのカタログに記載されている畳数は低断熱の住まいを想定されています。
 
 『効かない!!』というクレームを防ぐための安全策かと思われますが、
 高断熱の住まいにとっては過剰スペックでしかありません。

 エースホームでお勧めするエアコンは
 1階の大きなLDKであっても『200V14帖用』(冷房定格4.0kW)
 が十分かつ、最も経済性が高いです。
 (エースホームように高い断熱性の住まいはカタログの倍の広さ28帖程度も1台でクリア)
 
14%E5%B8%96%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%B3.png


 ※個室は全て一番小さい『6帖用』(冷房定格2.2kW)でも持て余します。


 実際に常時測定して検証を続けている、エースホーム宝塚・伊丹店の『XOXO展示場』
 大きなLDKと吹き抜けでつながるセカンドリビング合わせると40帖の大空間ですが
 14帖エアコン1台で快適な状態を保てています。


 (付記:夏用として2階のセカンドリビングに
 10帖用エアコン(冷房定格2.8kW)から冷房を吹き下ろしています)



いかがでしたか?

エアコン冷房は体が冷えすぎて困る、と悩まれている方が多くいらっしゃいます(特に女性)。


 ・強い冷風を出し続けないと室温が保てない

 ・エアコンの風が直接体に当たる


これらは特に体が冷えすぎてしまう理由に挙げられると思いますが、
今回ご紹介した工夫に加え、新築をお考えの方は”ZEHの住まい”で高断熱化することで
エアコンを快適に活用することができます。



参考になりましたでしょうか?

これら快適な暮らしのヒントを含めたZEHの住まいのご案内を
エースホームの各店で『ZEH教室』と題して開催しています!!


ZEH教室もぜひご参加ください!!

大切なのは知ること?

こんにちは!経営企画本部の高安です。


甲子園に向けて、地方大会も各地で始まってます。

高校時代の野球部だった高安にとって、思い出の多い季節です。

そして今でも野球部の仲間とはLINEで交流しています。


全員で直接会うのは数年に1度ですが、LINEを通じて

近況を報告し合ったりと卒業から15年経ちますが続いています。

そんな中、私自身も含めて親になる仲間が増えています。


親になった途端に良く考える3つのこと


1. 住まいのこと


2. 子供の教育資金


3. 自分達の老後のこと


そうです。人生の3大支出ですね。

この3つは野球部の仲間と会った時に良く話題になりますし、個人的にも考える時間が増えました。


そんな中、5月、6月とFPの先生のセミナーに参加する機会がありました。

どちらのセミナーも参考になりました。

どうするのが良いか、自分も考えていかないとと危機感を持ちました。

自分の場合、どうするがいいのかとても考えさせられました。


ただ、印象に残ってることお金に対するテクニック、やり方というより


?まず自分の状況がどうなのかを知る 
※1つ目の知る【収支のバランスを知る】


?そして、どういう風にしたいのかをはっきりさせる 
※2つ目の知る【自分の価値観を知る】


この2つを知った上で、色々と考えてみたいと思います。


エースホームではメルマガで住まいづくりの情報を配信しています。

また、各加盟店でもすまいる塾、資金計画セミナーを開催していますので、

まず知る!ということをやってみてはいかがでしょうか。


※最後に写真がないのも味気ないので、

先日、家族でブルーベリー狩りをした時の写真をアップします(笑)

IMG_6602.JPG IMG_6601.JPG

家族のためにも自分もまず知ることをはじめて行こうと思います。

うきうきな6月でした

こんにちは。
商品開発部のほりうちです(^u^)/

今日は7月1日なので、2017年も後半に突入ですね。
前半の半年はいろいろな経験ができました。
特に6月は密度濃く過ごせて
(6月の後半が誕生日だったこともあり)
うきうきな6月を過ごすことができました。

本当にいろんな人に会えた月でもありました。
この2ヶ月で3回青森県に行きました。
エースホームの新ブランド「HUCK」
オープンイベントをお手伝いさせていただきました。
普段本部にいるとお客様と直接お話する機会がないですが
家を見学されているところについていってお話したり
イベントで手を動かしているところに話しかけてみたりできて
とっても楽しかったです!

1498871900237.jpg


いいお天気でした^^


1498871931467.jpg


DIYブロガーのおねえさまたち♪
自分の好きなことを追及して、
生活を楽しんでいることがとても伝わってきました!


今はまだ十和田にしか展示場がないですが
入って、触って、匂って、体感してほしいです。

ついでに・・・
3回目にして、実は大宮駅から新幹線に乗ったほうが
朝30分ぐらいゆっくりできると気づいたほりうちが
大宮駅で新幹線を待っていると・・・

東京駅でははやぶさの先端部分しか見られなかったところ
ななななんと
こまちーはやぶさ連結部分を見ることができました♪


1498872027038.jpg


あ、新幹線は好きですが
鉄道オタクではないです←


2年前に始めたフラですが
先日教室の発表会があり、2曲踊りました。
去年の6月は大きな会場で発表会でしたが
今回は内輪なのでちょっと気が楽でした笑

母が見に来てくれました。
去年より余裕をもって笑顔で踊れていたねと
嬉しい言葉をもらえました^^
5月からひとつ上のレベルのクラスのレッスンも受け始めて
かなり必死ですが・・・
楽しいです!

発表会のドレスを着ると、
非日常的でこれもまたウキウキですね。
写真のわたくし、二の腕がムチムチですがスルーしてくださいまし。

1498871842367.jpg

1498871856218.jpg

お仕事も趣味もなかなか充実していた6月でした!
7月からも楽しい毎日を過ごせそうです^^


おまけのなずなさま
趣味のお友達と誕生日が同じで
誕生日プレゼントにかわいい猫のぬいぐるみをもらいました♪
いつも添い寝していますよ★

かわいい妹なので「わたあめ」と名前もつけました^^

1498871801935.jpg


それではまた (^u^)ノシ

バルセロナ、ガウディ訪問・・・。

こんにちは、設計企画部の小野です。

今回は、2月に行ってきたバルセロナとパリから色々な建物などをお届けいたします!

久しぶりに友達と一緒でしたが、往復の飛行機や日程、
日々の過ごし方は、常に一緒ではなく自由に行動というわがまま旅。
羽田までは一緒に行きましたが、お互いに貯めているマイルの問題で、
飛行機は別で、バルセロナの空港内で待ち合わせ。↓

IMG_2695.jpg


今回のバルセロナでは、まだ見ていなガウディ作品を1つしか行けず・・・。

恒例のサグラダ・ファミリア。1年前と何処が違うのかな??
写真並べようと思いましたが、ちょっと省略・・・。

IMG_2841.JPG


IMG_2905.JPG

2026年の完成まであと9年。本当に完成するのでしょうか??

そして久しぶりにサグラダ・ファミリアの中を、エレベーターで塔の上まで登りました。
この小さなエレベーターで上り、下りは、一方通行の階段で降ります。

IMG_2874.JPG

良い眺めです。

IMG_2875.JPG

キノコの様な突起も昔より増えている気がします・・・。

IMG_2878.JPG

工事現場は、こんな↓感じです。

IMG_2885.JPG


そして、唯一行けたのは、TORRE BELLESGUARD(トーレ ベリァスグアルド)。

IMG_2920.JPG

バルセロナの中心から20分位の場所にあります。
その駅から徒歩30分位の小高い丘を見下ろすように建っています。
goole mapのおかげで無事に到着!

途中、坂が多かったり、大学があったり、のんびりとした街を歩いていました。
ガウディ作品があるからか、モザイクタイルを用いた家などがあります。

IMG_2911.JPG

IMG_2910.JPG


市販のガイドブックでも小さく載っているかいないかのガウディ作品は、
ちょっと不便な場所にあるので、
相当なガウディ好きか建築マニアしか来ないのではないかな・・・。
私にとっては、人の映り込みが少なく、ゆ?っくりと見られるのは、とっても魅力的!

まず、チケットを買い、イヤホンガイドと地図を受取り、
スタッフさんに、「この場所に30分後ね」と。

IMG_2913.JPG

今まで見たガウディ建築の中でこの建物の雰囲気と似ているのは、コロニア・グエルかな。
岩肌と言うか、石積みの感じ・・・。

IMG_2915.JPG

IMG_2916.JPG


門やお庭などのイヤホンガイド説明を聞き、時間通りに、その場所(下の写真)に行くと、
おじさんが、メインの建物のカギを開け、案内をしてくれました。

IMG_2923.JPG


英語もスペイン語もちょっとしか把握できないので、
無言でゆっくりと写真を撮る私に合わせて、上の階へと導いてくれます。


玄関は、白壁に腰壁までのスペインらしいモザイクタイル、そして階段。
天井からは、ステンドグラスのランプがかわいらしく吊られてる・・・。

IMG_2928.JPG

階段手摺は、ロートアイアンで私好み。

IMG_2929.JPG

廻りのステンドグラスもこの空間に合ったデザインと色・・・。
ヴォールド天井とか素敵すぎる!!

IMG_2933.JPG

IMG_2963.JPG


各部屋も天井が高くて、明るくて・・・。
そして、やはりメインは、屋根裏部屋。

IMG_2939.JPG

こちらは、レンガの石積み的な感じで、間接照明も雰囲気が良い。

IMG_2943.JPG

それに欄間的な装飾が・・・。

IMG_2946.JPG


そして、ちょっとしかない屋上に、ドラゴンの顔をモチーフにデザインされた窓。
おじさんが簡単に説明を・・・。
距離がなさすぎて、わかるかな??

IMG_2956.JPG

ガウディには欠かせない突起もあります!
案内してくれたおじさん↓

IMG_2960.JPG


一通り見たら、おじさんがカギを閉めて終了!

あとは、閉館までお庭をゆっくりと・・・。

IMG_2978.JPG

IMG_2979.JPG

敷地内にあったトイレの洗面が、なんか全体の雰囲気が違うけど、素敵でした!

IMG_2982.JPG

その後、友達と合流し、生ハムとワインで軽く・・・。

IMG_3009.JPG

そしてフラメンコ鑑賞!とスペインの夜は楽しく過ぎていきました・・・。

IMG_3012.JPG

でわ、次回もこの旅行の建物を紹介しますね!

食事も住宅も自分で作る!?

みなさまご無沙汰しております。営業企画の森内です。

前回の投稿から6ヵ月が経ちまして、気温と一緒に湿度もグングン上がり、暮らしにくい夏が近づいてきました。さて、今回のブログで皆さまにお話するのは『自分好みに作る』という考え方です。
文字だけみると「そんなの当たり前じゃん」と思われるかもしれませんが、お金を払って何かを買う時は売っているものの中から選ぶので、100%自分好みかと言えばそうではないんじゃないかと思います。

かといって、今の時代、自分が欲しいものを自分で作る方はどのくらいいるでしょうか。
私を含めて、どうしても食べたい物がある時に料理を作るって方はたくさんいます。それと最近では、自分でデザインを作ればいろいろな物にプリントしてくれるサービスがあるのでそれを利用してオリジナルのスマホケースやシャツなんかを作る方もいるかもしれません。
でも、服を作る、家を作る、車やバイクを作るって人はほとんどいないですよね。

先日、仕事で行った青森県でとっても私得な料理がありました。
その名も、『のっけ丼』!
海鮮が有名な青森県らしい、海鮮どんぶりの料理なんですが、なんとネタは好きなモノを自分で選んで乗せるという料理。


IMG_4276.JPG

海鮮ものを取り扱っているお店が市場のように並んでいる中を歩いて、予め買った食券でネタを買って自分好みの海鮮丼が食べられるんです!


IMG_4277.JPG
IMG_4278.JPG

こんな感じでお店がぐるっと並んでいます。海鮮の種類や1枚の食券で買える量を他のお店と変えることで差別化していました。あと、生簀で魚が泳いでいたり、あまり馴染のないネタもあって歩いてみて回るだけでも楽しかったです。
白身魚や赤身魚は好きなんですが、貝・魚卵は苦手で・・・でも、海鮮丼には間違いなく入っているんですよね(笑)でも、これなら好き嫌いしても堂々とできます。ちなみにこれが私の作ったのっけ丼です!


IMG_4266.JPG

タイやヒラメ、マグロの他に、初めて目にした「ソイ(タラの一種?)」の他、ズワイガニなんかも入れちゃいました!どれも大好物なので何度でも食べたいし、今回選ばなかったネタもたくさんあるので何度でも足を運びたくなるんです。
また青森県に行く機会があれば、間違いなく行きます(笑)


スケールは違いますが、最近は住宅でも同じ傾向があるように感じます。
キッチンやお風呂といった設備のオーダーエントリーや、間取りを自分好みにアレンジするという話ではなく・・・、


壁や扉を好きな色に塗る!
将来、好みが変わったら塗り替える!
古くなったものをリメイクする!
慣れてきたら、収納棚を自分で作って自慢のアイテムを並べちゃう!


マイホームを“自分や家族の手で作り込む”という今までにはなかった価値観が生まれています。
家は買った時が一番きれいで年月とともに古く劣化していく・・・ではなくて、家族の成長と一緒に家も育てるという考え方。
多少、不格好でも自分や家族が作ったモノには愛着がわきますよね。
家を長寿命化するためには建物の性能を高めることも大事ですが、やっぱり最後は「その家にずっと住んでいたい」と思えるかどうかなんじゃないかと思います。


CIMG2597.JPG
CIMG2601.JPG


キッチンやリビングにこ?んな壁があったらどうしたいですか?
私なら大切に育てている多肉植物を飾りたいです(笑)
あとはすぐに本が読めるように棚をつけたいですし、長くすごす部屋なら好きな色に変えたいですね。
もちろん最初っから壁紙を貼っちゃえばすむかもしれませんが、せっかくの無垢材の質感を損なうので塗っちゃうかなぁ。でも、そんな経験はないから身近で教えてくれる人(この場合、家を建ててくれた住宅会社の人とか?)がいると安心してチャレンジできますよね。
これからは家族のこだわりを住み始めてから付け足していく、そんな生活スタイルも増えてくるんじゃないかと思います。ブログをご覧の皆さまはどうですか?自分の好きなモノ作っていますか?

こんにちは、企画開発本部の内藤です。
わけあって相当久しぶりのブログ投稿ですが、本日は幸せになれる家づくりって??

そもそも、人は昔から幸せになるための方法に深い関心を寄せてきた、、、と、話が深くなると
哲学論になっちゃうので現実にもどって最低限の衣食住のうち「住」のはなしです。

幸せになれる家(住まい)、、、戸建て住宅で何が幸せになれる??
自己所有の達成感とか、住まい方に制限がない満足感とか、そこに家族のつながり・ふれあい
が感じられる間取りとかが一般的な幸せ?なんでしょうが、私見で3つにまとめてみると
1:日常生活での幸せ?=王道ですが上記のとおりか?
2:老後も幸せ?=健康寿命と老後資金(年金問題とリバースモーゲージとか)
3:非常時の幸せ?=震災時の生命の安心はもちろん家は大丈夫だった!
と、いろいろなシーンや時期で幸福感は違うと思います。

お客様が住まいを取得されるときには、いろーんな幸せを想像しながら計画を進められるので
しょうが、そんななかいま国が政策的に推し進めているのがZEHでしょう。

ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)という言葉からは、光熱費がかからない?やエネルギー
を使わないってことはCO2削減?、まずはお金やエネルギーの削減が頭に浮かびますが、実は
このZEHが2:老後も幸せ?と大きな関わりがあって、エネルギー削減の裏には当然建物の
高断熱化が必須の項目となっています。
高断熱の建物がいかに健康と関わりがあるか?詳しくは3月の佐藤さんブログの「もう我慢し
ないでください」で紹介してますので詳細は振り返ってご覧ください!
超長寿命社会になってきた日本ですが、ただ長生きするだけでなく健康あっての長寿命じゃ
ないと幸せとは言えないですものね、、、

さて前置きが超長くなってしまいましたが、国は「エネルギー基本計画」において、「2020年
までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH住宅の実現を目指す」と
する政策目標を設定しています。
そして、その目標を達成するべく「ZEHビルダー」を公募し、そのビルダーが建設、ZEH
達成した住宅には補助金などのインセンティブを付与しています。
登録ビルダーは、自社のZEHが占める割合を2020年度までに50%以上となるZEH普及目標
を公表して実現に努める必要がありSIIのホームページで公表されていますが、エースホーム
もビルダー登録をしており、普及目標は以下のとおりです。

AFC%20Mokuhyo.jpg

この値が高いか低いか??達成状況とともに同業他社(住宅FC系)の目標値と実績は!!
EFC.jpg

各社3?30%の目標に対して、実績は1?10%、エースホームはそれなりに頑張った結果だった
と思います。今年度の目標は15%!今年の1.5倍以上頑張らなくてはなりませんね!

ところがところが、大手ハウスメーカーの目標値と実績はというと、、、

EMaker.jpg

目標値もさることながら実績が12?74%と住宅FC系に比べると7?10倍もの実績です!
実績記載のないメーカーは6/16に追加公表とのことですが、エースホームの親会社も目標値
で22%も!

さすがは大手メーカー!!とか言ってる場合でもないんですよね、、、実は、、、
昔から国策に従って先ず先行するのは大手メーカーで、最初はみんな「そんなのまだ早すぎる」
とか思っていながら数年たつとやってあたりまえ、やらなきゃお客様の選択から外れてしまう
という流れが続いていて、今は大手に差をつけられていますが、毎年着実に目標達成していって
2020年には確実に50%を達成したいと思います。

環境問題だけでなく、もちろん!お客様が幸せになれる住宅の提供を目指してです。
では!

座ってる方がいい?立ってる方がいい?

 こんにちは、生産支援部の伊藤です。エースホームに来て、8ヶ月が経とうしています。
先回のブログでは、休日に神社とお寺を回っていると、投稿致しましたが、継続中です!!

 今回まで、そうのネタでいこうかと思います。
ここ2ヶ月間に、大仏様を2体、参拝して来ました!!。

 1体目は、茨城県牛久市(横綱:稀勢の里の生誕地)にある、「牛久大仏様」で、もう1体は、
神奈川県鎌倉市(〇〇本部:T部長の在住地)の高徳院 の「鎌倉大仏様」です。
大きな違いは、「牛久大仏様」は、立っておられます。「鎌倉大仏様」は、座っておられます。

 まずは、「牛久大仏様」のご紹介です。

1493596065863.jpg

 なんと、ギネスが認めた、全長 120m !!
頭頂部には、避雷針、航空障害灯があるんです?。ドラエモンの竹コプターみたいでした。
中に入るには、まあまあの入館料が必要なため、入っておりおませんが、インターネット情報
ですと、中は、5階建ての建物に相当するようで、3400体の胎内仏が納められているとのこと
です。

 次にご紹介するのは、「鎌倉大仏様」です。

1493596028924.jpg

 何となく見慣れた佇まいです。
今回は、中に入れましたので、中の様子も写真にてご紹介致します。1枚目は、頭の中。
2枚目は、外からですが、背中です。全体のイメージは、継ぎ接ぎ感満載です。
 但し、この大仏様は、鎌倉で唯一国宝に指定されている仏像だそうです。かつては、大仏殿
の建屋があったようですが、1498年に起こった津波で建屋は流されてしまったとのこと。

<写真 1> ?頭の中?
1494198109310.jpg

<写真 2> ?背中?
1494198122759.jpg


今回は、最近参拝した大仏様をご紹介しましたが、立っている大仏様と座っている大仏様とでは、
どちらがお好きでしょうか? 全国にまだ数体の大仏様が存在しております。

修学旅行で見た、奈良県東大寺の「奈良大仏様」、福岡県東長寺の「福岡大仏様」、東京都乗蓮寺の「東京大仏様」、私の生まれた愛知県には2体、桃巌寺の「名古屋大仏様」、東海市の「聚楽園大仏様」等々・・・。

 やはり日頃の仕事に追われて、休日に神社・お寺を参拝し、仏様の顔をゆっくり眺めていると、
落ち着きます。皆様も一度足を運ばれては・・・・。