自炊もススメ

企画開発本部の佐藤です。

企画開発本部担当週なので、堂々と登場するイサイくん。
1月の商品開発部○×△による「手書きもススメ...」に触発され、
今回のイサイくんは、『自炊もススメ』です。

jisui.jpg



地震スゴかったですね。
仕事の帰りも、交通機関がマヒしてたんで、ひとりお留守番をさせている愛犬レオンくんの安否が心配で、走って帰りました。
※帰宅途上の徒歩渋滞とか、初めての経験で、これからも滅多に目にすることのない光景でしたが、
あの日は、とにかく早く早くと裏道を突っ走ってたので、撮影どころではありませんでした。

「自炊」してて良かった! 走って帰ったことに関係した話もあとでしますヨ。

さて、「自炊」といっても、今後紹介されるであろう金森さんが作ってもらっているお弁当とかの話題ではなく・・・
手持ちの書籍を裁断してスキャナで読み取って、電子書籍化するという『自炊』のお話です。



本の自炊とは、簡単に言えば、

裁断機等で書籍を分解
   ↓
1ページずつスキャン
   ↓
OCRで画像データを文字列データに変換(必要に応じて)
   ↓
PDFファイル化(あとはパソコンやPDAで閲覧)

という一連の作業です。
著作権法上の問題で話題になっていますが、自分の蔵書を自分で利用するために自ら裁断したりスキャンする行為は、私的複製の範囲内として適法と見なされているので、佐藤はアウトローじゃありません!



なんで自炊って言うのか?
「自吸(自分で吸い上げる)」からとか、自分で作るから「自炊」なんだとか言われてます。

さて、じゃあ、それでは自炊に必要なものからです。

・裁断機
先ずはスキャナで読み込めるように本を分解するための裁断機。

small_jisui06.jpg

でかくて重いので、個人で裁断機を買うのはちょっと気が引けました。
そこで、裁断の作業は一気に集中作業と決めて1週間レンタル。このレンタル期間中に、たまってた雑誌約10年分を電子書籍化してやる!ってガシガシ裁断しました。
裁断機を返却した後は、裁断自体はkinko'sでもやってくれるので、重いけどkinko'sに持ち込んだり、事務所の近所の裁断機を持った知り合いのところに持ち込んで裁断してもらってます。

・ドキュメントスキャナ
そして一番肝心なのは、スキャナ。
最初は会社のスキャナでできないかとチャレンジしたのですが、紙送りが悪く、挫折。
やっぱり書類を読むことに特化したドキュメントスキャナが必要です。
佐藤は、PFUのScanSnapのS1500というのを買いました。

small_jisui07.jpg
※イメージです。本当はちょうど逆さまで表紙の上部をスキャナの読み取り口に突っ込みます。

これっスゴイ!
裁断した雑誌をデータとして読み込んでくれるんだけど「えっ、これでホント読めてるの!?」って思っちゃうくらい超早いです。
カタログによると1分20枚だそうで、ガシガシ読んでくれます。厚い雑誌だと一度に全ページは無理なので何回か束を追加する手間を含めても、一冊5分程度でスキャンが終わってしまいます。



さて、そんなわけで、約600冊以上の雑誌をPDF化することに成功。
出来上がったPDFデータをiPadに入れて『Bookman』を使って読んでいます。iPadの中の本棚では、こんな感じに並びます。

small_jisui08.jpg

会社の行き帰りの電車の中で普通に読む分には十分です。

small_jisui09.jpg

ただデータが重いのか?ページをザッピングしながら読むときにはちょっと、もっさりした感じが気になるのですが、この辺は、発売延期になったけど、 iPad2がでたら真っ先に買っちゃいそう...。

さて、そんなわけで電子書籍化で佐藤ん家では、何が起こったかというと・・・

部屋が超きれいに!
本棚じゃ足りなくて、本棚の前に1mくらいの高さで雑誌なんかを平積みしてた状態だったのですが、山積みになっていた少なくとも10年分×5種類の雑誌600冊くらいがデータになったことで、やっと本棚に近づけるようになりました。



そんなこんなで、やっと少しは片付いたかなっと思ってた矢先に3/11の地震。
近所に呼び寄せた母の家では、本棚から本が崩れ落ちたり、食器とかがいくつか割れたくらいで済んだので助かりました。仏壇がひっくり返ったため、お花の水や線香立ての灰が和室に飛び散った後片付けがちょっと大変でしたが、まあ無事で良かった。

心配したのは、佐藤ん家。
下の写真は、近所の古本屋さんの店内で地震後に見かけたもの。

small_jisui01.jpg

small_jisui02.jpg

佐藤ん家は、階段上や居室の壁面全面が本の収納だったり、可動間仕切りの棚にもびっしり本などを詰め込んでるので、それが崩れてるんじゃないか、落てきた本がレオンくんを直撃してるんじゃないかが心配だったんです。

結果は、本棚2架分を電子化して、裁断の終わった雑誌の束は、2月の末の近隣小学校の資源回収で引き取ってもらっていたため、被害を免れることができました。

small_jisui03.jpg

small_jisui04.jpg

small_jisui05.jpg

心配してたレオンくんも無事ソファの下にうずくまっていました。
少々床を濡らしてましたが・・・(^^;

jisui-leon.jpg


他に自炊で何が起こったかというと・・・
朝出かけるときに今日はどの本を持っていこうかなんて、迷う必要がなくなった。

あと、雑誌そのままと違って『検索できる』っていうのがスゴい!
そもそも何で雑誌が平積みになってたかって言うと「あれはどこに載ってたっけ?」って、記事探しで奥から引きずり出した雑誌を戻すのが面倒で、つい手前に積み重ねていってたから。
OCRでテキストとして認識させておくと、簡単に検索ができます。
これが超便利。

なんにせよ、外出先でも自宅の本棚を全部持ち歩ける、検索できる、人に見せられるというのはすごいメリットです。

はじめは面倒かなと思ったけど、意外と簡単ですから、家の中が本で困っている人はぜひやってみてはいかがでしょう。



来週は、管理本部が当番です。1回パスしてるので、来週はお願いしますね。