9月12日の出来事。

こんにちは。
商品開発部の高田です。

今回は、とある出勤日の朝の出来事についてです。
とあると言っても先週のお話。
東京の調布で震度5弱を記録する地震が起きました。
sindo5.jpg

本部スタッフも地震で起きた人が多かったようです。
東大教授の地震警告が的中しましたね。
さてここからが本題。
電車が遅れていたりしましたが、通常通り会社まで出社しました。
会社まで来てみると、本部スタッフが大勢ビルの前で待機しています。
↓こんな感じ。
taiki.jpg

なんと、エレベーターが停まってしまったのです!!
警備会社の話では、東京都内のエレベーターの復旧は午前中のどのタイミングになるかわからない。との事。
9:15くらいまでは大体のスタッフがビルの前で待っていましたが、復旧の目途がわからないので
各々、喫茶店や散歩、買い物に出かけて行きました。
私を含め少数派が依然ビル前で待っています。

「あっ!!あの人エレベーターの修理の人じゃない!??」
「なんだぁぁ、、隣のビルか。。。」
みたいな会話や雑談をすること2時間!
「キタ???ッ!!!!」
午前は無理なんじゃないか!?と諦め掛けた11時少し過ぎに修理の方がオートバイでやって来ました。
到着の瞬間は喜びのあまり写真は撮れていません。

↓復旧作業を見守る本部スタッフ、プレッシャーと戦う作業員
fukkyuu.jpg

やっとエレベーターが復旧し、乗込む際に作業員の方にお話を聞くと
「今日は、まだまだ件数があるので今日中に帰れるかどうか・・・。。泣」
お疲れ様です。
本部が通常業務を開始できたのは、11:20頃のことでした。
電車がすぐに止まってしまうことは周知のことですが、改めて首都圏の災害への
脆弱性を感じた1日でした。