熱中症予防を〇〇にきいてみよう

こんにちは!
商品開発部の堀内です(^u^)/


関東では長い梅雨があけ、本格的な夏を迎えました。
ゲリラ豪雨や激しい雷なんかもあって
不安定な空模様も夏ならではでしょうか。

さて夏です。
日本人は電気代や省エネを気にしてエアコンを控えるため
室内での熱中症が多いといわれています。
熱中症の予防のために、日本気象協会が運営しているサイトがあります。

「熱中症ゼロへ」

熱中症予測や症状、応急処置などが学べるサイトです。
この中から、熱中症対策になる食材や栄養素をご紹介します。


『ビタミンC』
免疫力を高めたり、ストレスへの抗体を作ります。
カラフルな夏野菜に多く含まれます。
シミやそばかすを予防するにも有効です。

%E5%A4%8F%E9%87%8E%E8%8F%9C.jpg


『クエン酸』
疲れの原因になる乳酸の発生を抑えてくれます。
梅干、酢、レモン、グレープフルーツに含まれます。

%E3%81%86%E3%82%81%E3%81%BC%E3%81%97.jpg


『ビタミンB1』
夏はどうしても食べやすいそうめんに偏りがちです。
炭水化物をエネルギーに変えるビタミンB1を一緒に摂取して
疲れにくい体にしましょう。
豚肉、豆腐などの大豆製品、モロヘイヤ、玄米に多く含まれます。


SC56_10.gif


『塩分』
汗をかいた分塩分を摂取しましょう。
スポーツや屋外作業をする場合、バランスよく塩分や他の栄養素が含まれた
スポーツドリンクがおすすめです。
エアコンの効いた部屋で事務仕事などあまり汗をかかない場合は
普通の食事に含まれる塩分で十分です。
汗をかいてもかかなくても、ミネラルの摂取には麦茶がベストです。


%E9%BA%A6%E8%8C%B6.jpg


『スイカ』
夏に万能な野菜といえばスイカです。
90%が水分で、ミネラルや糖分も含まれているので熱中症対策になります。
アミノ酸の一種であるシトルリンが血管を広げて血流をよくするので、
ホルモンバランスが整い、冷え性やむくみにも効果があります。
ビタミンAとCも豊富でリコピンはトマトよりも多く含まれます。
美肌効果も期待されます。


%E3%81%99%E3%81%84%E3%81%8B.jpg


ついつい食欲をなくしがちな気候ですが
おいしく食べて健康的に過ごしましょう!


さてさて、おうちでの快適な場所を探すのが得意といえば
そう、にゃんこです。
わが家のお姫様はいい感じに風が入ったりひんやりする場所と時間を知っています。

そもそもわたしが住んでいるアパートは冬が極寒で夏は涼しいので
夏にエアコンをつけたことがないのですが。。。


窓からの自然な風が気持ちいいようです。

%E7%AA%93%E9%9A%9B.jpg


フローリングでひんやりしています。

%EF%BE%8C%EF%BE%9B%EF%BD%B0%EF%BE%98%EF%BE%9D%EF%BD%B8%EF%BE%9E.jpg


ござの感触が気持ちいいらしいです。
ここは扇風機の風がギリギリ当たるところ。
これぐらいが快適なのかしら。

%E3%81%94%E3%81%96.jpg

にゃんこも熱中症になるらしいので、注意が必要ですね。
ちなみに最近のお気に入りはわたしのベッドのひんやりパッド。
おかげでわたしはホカホカ寝冷え知らずですけど・・・。


それでは熱中症に気をつけて
楽しい夏をお過ごしくださいね?♪