編むラー2016


 情報システム課の船越です。


先日、子供に言われてしまいました。


「前から毛糸の帽子を編んでくれるって言ってるけど、
いつになったら、出来るの。
出来ない約束をするのを、嘘つきって言うの!」


そんなことを言われては、父親のプライドに関わります。


絶対に負けられない戦いが、そこにはあります



そんなわけで、何か良いものがないかと探していると、
こんなものが、ありました。

blog20161202-1.jpg



さっそく、子供が寝てから、
こっそり編み始めました。


blog20161202-2.jpg



途中、失敗してやり直しをしましたが、
実質2時間ほどで、かぶり口が完成しました。


blog20161202-3.jpg



その後は、複雑な編み方なので、
4時間ほどかかってしまい、
やっと、この状態に。


blog20161202-4.jpg



編み口を縛って、ポン!


blog20161202-5.jpg



実際に被ると、
こんな感じになります。


blog20161202-6.jpg


これで、子供に対してのメンツが保てました。



以上、船越がお伝えしました。