夏を快適に過ごす住まいのコツ

こんにちは。設計企画部 岡田です。

関東地方は梅雨も明け、暑い夏に突入しました!!
冷房に頼らないと身の危険を感じるほどの猛暑が既に続いていますね。。



エースホームでは、断熱性能が高く、快適で光熱費もお得な
”ZEH(ゼッチ)の住まいを強く推奨しています。

※ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス):
 年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅 
 住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現します


『断熱性能』と聞くと冬が暖かい住まいを想像される方が多いと思いますが、
しっかりと真夏にも高い効果を発揮します。



今回は全国各店で開催中のZEH教室の中から、
夏を快適に過ごすための住まいのコツを3つのテーマに絞って書き綴ってみます。




【1】夏はなにより太陽光を遮ることが重要!!


 真夏に太陽の直射を浴びている中で日陰に避難した時の暑さの比較は
 説明するまでもありません。
 
 当然ながら、住まいにも真夏の太陽光の侵入を遮ることがとても重要です。
 
%E3%82%B3%E3%82%BF%E3%83%84.png

 
 ひとつの窓から入り込む真夏の太陽光は何と、コタツ2台分にも匹敵します!!


 ただでさえ熱い日中に外からコタツを何台も並べて温められているのですから、

 『窓付近は暑い』、『冷房の風は強くて寒い』
 
 暑かったり、寒かったり、身体にも良くないですよね。


 また、窓の内側にブラインドを設けるよりも、
 外側で日よけをする方が圧倒的に効果的
です。
 


 従って、夏の太陽対策は
 
【窓の外に日よけを付ける】
%E3%81%BE%E3%81%9A%E3%81%AF%E9%81%AE%E8%94%BD.png

 

 これから新築を計画される方は
【建物の形状で日よけ効果を出す】
%E6%97%A5%E5%B0%84%E9%81%AE%E8%94%BD.png
 

 などが、とても効果的です!! 



【2】高断熱は冷房の効き目も高い!!

 壁・床・天井や窓を高い断熱性能にすることで建物内外の熱が移動しにくくなります。

 言い換えると、室温変化が緩やかになりますので暖房や冷房の効き目がよくなり
 強運転の時間も短くなり、エアコンの強い風を感じることも少なくて済みます。


 また、大きなLDKや吹き抜けを設けた住まいほど快適性の差が出やすくなり、
 空気の性質を利用した緩やかな風の流れを作ることができます。
%E6%B8%A9%E9%A2%A8%E3%81%A8%E5%86%B7%E9%A2%A8.png

 風を直接体に当てるのではなく、うまく循環させるために
 シーリングファンやサーキュレーター、空気循環のために扇風機の併用も有効です。 



【3】エアコンカタログの畳数に惑わされるな!!

 エアコンのカタログに記載されている畳数は低断熱の住まいを想定されています。
 
 『効かない!!』というクレームを防ぐための安全策かと思われますが、
 高断熱の住まいにとっては過剰スペックでしかありません。

 エースホームでお勧めするエアコンは
 1階の大きなLDKであっても『200V14帖用』(冷房定格4.0kW)
 が十分かつ、最も経済性が高いです。
 (エースホームように高い断熱性の住まいはカタログの倍の広さ28帖程度も1台でクリア)
 
14%E5%B8%96%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%B3.png


 ※個室は全て一番小さい『6帖用』(冷房定格2.2kW)でも持て余します。


 実際に常時測定して検証を続けている、エースホーム宝塚・伊丹店の『XOXO展示場』
 大きなLDKと吹き抜けでつながるセカンドリビング合わせると40帖の大空間ですが
 14帖エアコン1台で快適な状態を保てています。


 (付記:夏用として2階のセカンドリビングに
 10帖用エアコン(冷房定格2.8kW)から冷房を吹き下ろしています)



いかがでしたか?

エアコン冷房は体が冷えすぎて困る、と悩まれている方が多くいらっしゃいます(特に女性)。


 ・強い冷風を出し続けないと室温が保てない

 ・エアコンの風が直接体に当たる


これらは特に体が冷えすぎてしまう理由に挙げられると思いますが、
今回ご紹介した工夫に加え、新築をお考えの方は”ZEHの住まい”で高断熱化することで
エアコンを快適に活用することができます。



参考になりましたでしょうか?

これら快適な暮らしのヒントを含めたZEHの住まいのご案内を
エースホームの各店で『ZEH教室』と題して開催しています!!


ZEH教室もぜひご参加ください!!