夏季休暇

こんにちは。設計企画部の小賀です。


今年の夏季休暇も実家に帰省して過ごしました。



恒例の畑仕事で錦糸瓜収穫


実家の両親がは色々な野菜・果物を栽培していますが今年初めて見たのは ぶどう です。


種なしの巨峰をつくったそうですが、ぶどうは最初から種なしの品種があるのではなく、栽培途中で種なし化作業が必要なのだそうです。



どうやって種を無くすのか聞いたところ、
開花前と後に2回ぶどうの房を溶液の入ったカップにひとつずつ漬けるのだそうです。



※あとで調べたところこの種を無くす作業を ジベレリン処理 というそうです。
開花の前の1回目は種を無くす効果があり、開花の後の2回目は実を大きくする効果があるのだそうです。


うちの実家ではせいぜい数十房の作業ですがぶどう農家さんは一体どれだけ大変な作業になるのでしょうか...

帰省から帰り、スーパーに並ぶ種なしぶどうを見ると 安すぎだ と思うようになりました。